ヘミシンクブログ|体外(幽体)離脱体験談 ※購入前に必ず読んで

左右の耳に周波数の違う音を流すヘミシンクのバイノーラルビート

モンロー研究所により開発されたヘミシンクの基本原理は、ヘッドホンを使って、

左右の耳に周波数の違う音を流すことににより、

左右の脳を均等に機能させ様々な意識状態へと導く効果があるとされています。
 
仮に右耳に100Hz、左耳に105Hzの音を聴かせたとして、

それが脳幹で合成され左右の5Hzの差が新たな振動を作り出します。

ヘミシンクは脳波を誘導することにより意識状態をコントロールします。

それにより、左右の脳がシンクロして活動するようになり多種多様な意識の状態へと誘うわけです。

この左右の耳に、違う周波数の音を流すことをバイノーラルビートといいますが、

この左右違う周波数を聴くことでストレスの開放や安眠誘導、免疫力の向上など、

普段の暮らしの手助けになる効果のほかに、体外離脱で様々な場所を訪れたり、

過去世の探索や死後の世界なども探索できる意識状態にアクセスできるのです。

このバイノーラルビート状態は、普段の場合左右の脳はどちらかが優先的に機能しているので、

ヘミシンクを利用しない限り起こりえない状態となります。

このように、ヘミシンクは周波数を利用して脳のバランスの均整をとったり、

精神状態を安定、変化させたりするのです。